本文へスキップ

バベルプレスの世界の絵本翻訳工房は翻訳から創作まであなたの出版の夢の実現をします。

TEL. 0422-24-8935

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

オーディション(いまを大切に生きよう)

オーディション(いまを大切に生きよう)
朝起きたとき、一日の始まりの目覚めのヨガの絵本。


原書タイトル: Good Morning Yoga
原作者名:Mariam Gates(文)
Pictures: Sarah Jane Hinder(絵)
出版社:Sounds True
ISBN-10: 1622036026
ISBN-13: 978-1622036028
発行年月日: 2016年3月
ページ数形態:36ページ/ハードカバー
サイズ:20.8 x 1 x 24.4 cm









<内容>

Kid Power Yoga™(キッド・パワー・ヨガ)の運営で有名なマリアム・ゲイツ女史のヨガ絵本、二作目。

第一作目の絵本“Good Night Yoga”(仮訳:ヨガでおやすみなさい)はおやすみ前の一日を締めくくるヨガだったのに対し、”Good Morning Yoga”(仮訳:ヨガでおはよう)は朝起きたとき、一日の始まりの目覚めのヨガの絵本。

ヨガを通し子供にもたせられるものは、集中力、リラックス法、自己判断力、心を落ち着かせる力。

つまり、ヨガを朝行うことで元気よく、楽しい一日のスタートが切れるようになっている。

前作の絵本がおやすみ前向けに、リラックスできるような寒色系のイラストで眠りの世界に誘われる。この” Good Morning Yoga”はお目覚めのヨガ。

心温まる言葉と明るいイラストは、いきいきとした一日を過ごすお手伝いを担う。
「真っ赤な火の山」「シーンとした山」など12のヨガ・ポーズがあり、
その流れが見開きでまとめられているページもある。

最後に今日という日をどんな日にしたいかイメージする瞑想し、
新しい一日が始まるようになっている。


<著者>

作者
Mariam Gates <マリアム・ゲイツ>
ハーバード大学出身。教育学修士を持ち、20年以上子供の教育に携わる。Kid Power Yog™ (キッド・パワー・ヨガ)を設立と運営を行う。ヨガと子供に向ける情熱をかけ合わせた同プログラムは、全米に知れ渡っている。第一作目のGood Night Yoga(仮訳:ヨガでおやすみなさい)に続き、二作目のGood Morning Yoga(仮訳:ヨガでおはよう)を出版。ヨガ教師の夫ロルフ・ゲイツ氏と二人の子供と共にカリフォルニア州サンタ・クルーズに住む。

ホームページ:kidpoweryoga.com

イラスト
Sarah Jane Hinder <セーラ・ジェーン・ヒンダー>
絵本作家、イラストレーター、ヨガ教師。幼いころより絵を描くことが大好き。イギリスの
タートン・メディア・アーツ・カレッジにてアートやグラフィック・デザインを教えた後、イラストレーターとして専念する。アクリルを使い、絵本のイラストを六冊手がけている。Lady bug社より童話“The Three Little Pigs”(邦題:さんびきのこぶた)や“The Elves and the Shoemaker”(邦題:こびとのくつや)のイラストを手がける。ヨガにも興味を示し、自らヨガ教師となり、絵本作家活動にも反映している。本書“Good Night Yoga”に続き、“Good Morning Yoga”のイラストを手がける。2017年8月には文も自身による初の絵本”Yoga Bug”を出版予定。現在、イギリスのマンチェスターに夫とチワワ犬と暮らす。
ホームページsarahjanehinder.com

<書評について>

Kid Power Yoga™(キッド・パワー・ヨガ)の運営で有名なマリアム・ゲイツ女史が手がけているだけに、心にうったえかけられる。

米国ではヨガを題材とした絵本は数々出版されているが、米国アマゾン全書籍ランキング子供の健康やフィットネス部門においては6位以内に入る。

絵本の構成は前作の”Good Night Yoga”同様、一貫して分かりやすくまとめられている。一連の流れにそって、一ポーズを見開きで語られている。

いきいきとした自然が、簡単でありながら詩のような言葉で語りかけていく。その文字はゴシック体で力強い。子供が描かれているそばにポーズのやり方が簡単な言葉で書かれている。文字は小さくゴシック体だが曲線的に配置されている。

12ポーズが見開きでまとめられているページもある為、一連の動きがはっきりとわかる。更に最後は一日をどう過ごすかイメージする瞑想でしめくくられている。わかりやすい言葉もさることながら、ポーズもおひさま、かみなりさま、山、犬、橋、船、というように身近で親しみやすいものばかり。

朝のヨガである為、前作より動きを伴った力強いポーズが多い。文は自然の一部分(火山や雷)になりきったり、冒険をしたりする調子の物語。イラストも明瞭で鮮やか、活動的に描き出されている。

子供たちも元気が湧く表情に描かれている。ヨガの経験がない人にも伝えられるのか、またはヨガを難しく考えるひとにも興味を持たせるきっかけにできるのか、気になるところ。愛くるしい子供の表情やしぐさが惹きつける可能性大。国内の子供用ヨガの本はメソッドやリトミック感覚の実用書が主に出版されている為、この本の訳書が出版されれば類書がなく画期的であるといえる。

アメリカの著名なヨガ・インストラクターからは勿論、代表的な書評雑誌Kirkus Reviews(カーカス・レヴューズ)、ニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー入りしたスピリチュアル作家のガブリエル・バーンステイン女史から高評価の書評を頂いている。


バナースペース

バベルプレス(株)バベル

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

TEL 0422-24-8935
FAX 0422-24-8932