本文へスキップ

バベルプレスの世界の絵本翻訳工房は翻訳から創作まであなたの出版の夢の実現をします。

TEL. 0422-24-8935

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

オーディション(生きてるって素晴らしい)

オーディション(いまを大切に生きよう)
眠りにつく前の一コマを遊び感覚で実践することにより、眠りの世界に誘う絵本


タイトル:Good Night Yoga-a pose-by-pose bedtime story
原作者名:Mariam Gates/ Pictures: Sarah Jane Hinder
出版社:Sounds True
ISBN-10: 162203466X
ISBN-13: 978-1622034666
初版発行年月日: 2015年4月
ページ数形態:36ページ/ハードカバー
サイズ:22.3x1x24.5cm












<内容>

Kid Power Yoga™(キッド・パワー・ヨガ)の運営で有名なマリアム・ゲイツ女史による初
のヨガ絵本。ヨガを通して子どもの心身を健やかに保てるように指導する姿勢は高い評価を確立。

子供のおやすみ前の過ごし方を保護者や保育士などに提案する画期的な絵本。眠りにつく前の一コマを遊び感覚で実践することにより、眠りの世界に誘う絵本。

美しい詩のような言葉と共に一ポーズが見開きでイラストが描かれている。イラストの子供の横に呼吸の流れに沿ってポーズの仕方が簡単な言葉で書かれている。

一日が終わり夜のとばりが落ちていく自然界の様子を色鮮やかで明瞭なイラストと詩のような言葉と共にヨガのポーズの流れも相まって表現されている。

「おひさまにむかって」、「くもさんをあつめて」「てんとう虫さんとちょうちょうさん」などのポーズをとりながら、ゆったりとし、体や心の緊張をときほぐしていくように構成されている。

その方法はただ緩ませるポーズ」ばかりではなく、集中力を高めるもの、または他の方法も組み合わせることで質の高い眠り、つまり心身が共に良い状態につながる。全11のヨガ・ポーズの流れが見開きでまとめられているページもある。

最後の寝そべって眠りにつく前の瞑想法で心地よく雲のうえで眠る感覚で締めくくられている。

<著者>

作者
Mariam Gates <マリアム・ゲイツ>
ハーバード大学出身。教育学修士を持ち、20年以上子供の教育に携わる。Kid Power Yog™ (キッド・パワー・ヨガ)を設立と運営を行う。ヨガと子供に向ける情熱をかけ合わせた同プログラムは、全米に知れ渡っている。第一作目のGood Night Yoga(仮訳:ヨガでおやすみなさい)に続き、二作目のGood Morning Yoga(仮訳:ヨガでおはよう)を出版。ヨガ教師の夫ロルフ・ゲイツ氏と二人の子供と共にカリフォルニア州サンタ・クルーズに住む。

ホームページ:kidpoweryoga.com

イラスト
Sarah Jane Hinder <セーラ・ジェーン・ヒンダー>
絵本作家、イラストレーター、ヨガ教師。幼いころより絵を描くことが大好き。イギリスの
タートン・メディア・アーツ・カレッジにてアートやグラフィック・デザインを教えた後、イラストレーターとして専念する。アクリルを使い、絵本のイラストを六冊手がけている。Lady bug社より童話“The Three Little Pigs”(邦題:さんびきのこぶた)や“The Elves and the Shoemaker”(邦題:こびとのくつや)のイラストを手がける。ヨガにも興味を示し、自らヨガ教師となり、絵本作家活動にも反映している。本書“Good Night Yoga”に続き、“Good Morning Yoga”のイラストを手がける。2017年8月には文も自身による初の絵本”Yoga Bug”を出版予定。現在、イギリスのマンチェスターに夫とチワワ犬と暮らす。
ホームページsarahjanehinder.com

<書評について>

Kid Power Yoga™(キッド・パワー・ヨガ)の運営で有名なマリアム・ゲイツ女史が手がけているだけに、説得力がある。米国ではヨガを題材とした絵本は数々出版されているが、米国アマゾン全書籍ランキングにて1000位以内、子供の健康やフィットネス部門においては3位または5位以内に入るのはこの絵本のみ。

絵本の構成も一貫して分かりやすくまとめられている。眠りにつく前の一連の流れにそって、一ポーズを見開きで語る。一日の終わる様子が簡単でありながら詩のような言葉で語りかけていく。

その文字はゴシック体で力強く、地の濃い寒色系の色と対照的な黄色でよく映える。子供が描かれているそばにポーズのやり方が簡単な言葉で書かれている。文字は小さくイタリック調で柔らかく、イラストに溶けこんでいる。

11ポーズが見開きでまとめられているページもある為、一連の動きがはっきりとわかる。更に最後に瞑想でしめくくられていることにより、心地よさばかりでなく、ヨガを行うときの流れに裏付けられている、とわかる。

わかりやすい言葉もさることながら、ポーズもおひさま、雲さん、お星さま、お月さま、木、とりさん、てんとう虫さん、ちょうちょうさん、はちさんというように身近で親しみやすいものばかり。

イラストも親しみやすい表情で明瞭に鮮やかに描き出し、惹きつけられる。ヨガの経験がない人にも伝えられるのか、またはヨガを難しく考える人に興味を持たせるきっかけにできるのか、気になるところ。

愛くるしい子供の表情やしぐさが惹きつける可能性大。国内の子供用ヨガの本はメソッドやリトミック感覚の実用書が主に出版されている為、この本の訳書が出版されれば類書がなく画期的であるといえる。

アメリカの著名なヨガ・インストラクターや代表的なヨガ雑誌からは勿論、代表的な家庭雑誌Parents Magazine(ペアレンツ・マガジン)や書評雑誌Publishers Weekly(パブリッシャーズ・ウィークリー)、ニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー入りしたスピリチュアル作家のガブリエル・バーンステイン女史から高評価の書評を頂いている。


バナースペース

バベルプレス(株)バベル

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

TEL 0422-24-8935
FAX 0422-24-8932