本文へスキップ

バベルプレスの世界の絵本翻訳工房は翻訳から創作まであなたの出版の夢の実現をします。

TEL. 0422-24-8935

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

オーディション(家族っていいでしょ)

オーディション(家族っていいでしょ)


タイトル:WOLFIE THE BUNNY!
原 作 者:Ame Dyckman
出 版 社:Little, Brown and Company
ページ数:40ページ
対  象 :4-8歳
内  容:ある日、うさぎの親子が家に帰ると、玄関の前に狼の赤ちゃん、ウルフィーが捨てられているのを見つけます。お父さんうさぎとお母さんうさぎは、ウルフィーの可愛さに、自分たちで育てることに。

タイトル:Tabby McTat
原 作 者:Julia Donaldson (文) , Axel Scheffler (絵)
出 版 社: Scholastic
ページ数:32ページ
対 象:4-8歳
内  容:猫のマクタットは飼い主フレッドのギターに合わせて路上で大きな声で歌う毎日。フレッドの帽子には観客がたくさんのコインを入れていきます。ある日、フレッドの休憩中にマクタットが散歩に出かけて帰ってくると、フレッドはけがをして病院に運ばれていました。

タイトル:LUCKY
原 作 者:David Mackintosh
出 版 社:HarperCollins Children’s Books
ページ数:24ページ
対 象:4-8歳
内  容:今晩、いいことがあるわよ・・・お楽しみに。かあさんのおおげさな調子にのせられたぼくと弟。なんだろう、なんだろうと勝手にいろんな憶測を飛び交わせ、挙句の果てにとびっきりのお楽しみを作り上げてしまう。

タイトル:Mama, Why?
原 作 者:Karma Wilson (文)Simon Mendez (絵)
出 版 社:Margaret K. McElderry Books
ページ数:40ページ
対 象:4-8歳
内  容: 「ねえ、どうして○○なの?」「なんで●●なの?」だれでも子どもの頃に、お母さんやお父さんに投げかけた、たくさんの質問があったはず。その頃の自分を懐かしく思い出したり、子どもの言うことに耳を傾けるきっかけをつくってくれる、やさしい絵本“Mama,Why?”です。一日も終わり、北極に夜が訪れると、空高く上っていく月を見ながら子グマがお母さんシロクマにたずねます。「ねえ、どうして?」お母さんシロクマが答えるたびに質問を繰り返す子グマの純粋さ。その言葉を正面から受け止めて答える母親の優しさ。あたたかいタッチのイラストと相まって、双方の信頼関係が感じられる、素敵な絵本です。

バナースペース

バベルプレス(株)バベル

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

TEL 0422-24-8935
FAX 0422-24-8932